ご報告

8月21日午前11時15分 ラファエル君お空に旅立ちました。
b0306466_20351261.jpg


M家に迎えていただいて2年1ヶ月。
いちごちゃんの優しいナイトで、若いワンズの良きアニキ。
ちょっととぼけたお茶目でかわいい一面が、ご家族に明るい笑いと癒しを運んでくれました。

病気がわかってから、もっともっと一緒にいたいけど、ラファエルをがんばらせたくないから、と積極的な治療を選択しなかった優しいご家族でしたけど、もうダメかなと思ったところから、なんども復活して、やっぱりラファエルは、みんなの期待に応えようとがんばって、最期までラファエルらしく生きたのだと思います。

いまごろは社交的な彼のことですから、虹の橋で先代のベルちゃんやまっくに「はじめまして!」って陽気に挨拶して、一緒に仲良く遊んでいるでしょう
面倒見のいいラファエルのことだから、もうたくさんお友達を作ったんじゃないかな。

おかんさんより
「誰からも好かれ、明るく飄々としていながらも、空気も読み、私たちの気持ちも受け止め、見習わなければいけないところをたくさん持っている子でした。
本当に寂しくてたまらないけど、WOOFでお会いして一緒に遊んでくださった方々に、あの時、一緒に楽しい時間をたくさんありがとうございましたとお伝えください」
とメッセージをいただきました。


犬たちは、生きているあいだ、わたしたちにたくさんのものを与えてくれますが、亡くなったあとも、その思い出は心を和ませてくれるし、その子から学んだ経験が、誰か他の子や、次に迎える子のための大事な知識として役立ってくれます。
人生の終末を迎えるときには、虹の橋でわたしたちを待っていてくれるといいます。
どんなにたくさんの人がいても、きっと飼い主をみつけて、駆け寄ってくるに違いありません。
そう思うと、死の恐怖さえ遠ざけてくれる気がします。
ずっと心の中に生き続けて、死ぬまでわたしたちの心の支えになってくれるなんて、すごい存在。



ラファエル君、たくさんの楽しい思い出をありがとう。
M家のみなさまとのご縁をつないでくれて、ありがとう。
大好きだよ、また会いましょう

b0306466_2047274.jpg

[PR]
by labandpeace | 2014-08-28 22:29 | ラファエル

LAB&PEACE(ラブアンドピース)の保護犬ブログ